オンラインキャバクラに勤務するキャバ嬢のメリットをわかりやすく紹介しました。

オンラインキャバクラ完全攻略サイトのヘッダー画像

オンラインキャバクラで働くメリット

コロナウイルスの影響でオンラインキャバクラに興味を持つ方が増えていますが、キャバ嬢の立場で見るとお店で働く以上のメリットが多数あります。
キャバクラで働くことに抵抗を感じている方や、現役キャバ嬢で収入アップを狙いたい方、店舗勤務のストレスが大きい方はオンラインキャバクラで働くことを検討してみてください。
コロナウイルスの問題を抜きにして、オンラインキャバクラで働くメリットをまとめました。

 

距離の離れたお客さんも呼べる

距離の離れたお客様へのアプローチ

オンラインキャバクラは全国のお客さんを呼べるメリットがあります。
郊外で地元の会社員や自営業者の客しか来ない地域で働いている方でも、都心部で会社経営している上客を捕まえられるかもしれませんよ。
また、離れた地域に住んでいるお客さんが相手だと、それぞれの地元トークで会話が弾みやすいメリットがあります。

 

全国の人を相手にすることは、出会いのチャンスが広くて地元のお店で働くのとは違ったトークを楽しめます。
オンラインキャバクラで働いたことをキッカケに収入アップ、トークの引き出しが増えてスキルアップする成功事例があるので、まずは軽い気持ちでお試し勤務してみましょう。

 

ベテランキャバ嬢は、転勤や過去のリゾートバイトで知り合ったお客さんに連絡して、今は遠く離れているお客さんとオンラインキャバクラで再会する方法で稼ぐケースがあります。

 

おさわりがない

モニター越しのビデオチャットで接客するオンラインキャバクラは、身体を触られるリスクがありません。
また、体臭や口臭がきついお客さんを相手にして気分を害することもありませんよ。

 

お客さんからのセクハラや、肩や足を触られるキャバクラでは当たり前のスキンシップがストレスに感じる方は魅力的な働き方です。
胸が小さくてスタイルには自信がないけど、顔の容姿とトーク力には自信がある理由で、オンラインキャバクラを仕事に選ぶ方も多いようです。

 

時間を選ばず稼げる

オンラインキャバクラは深夜0~2時くらいまでの営業時間に限定しているサービスが多いですが、シフトは自由で当日の気分で出勤するか決められるケースもあります。
利用するサービスの営業時間内に限定されますが、シフトに縛られずに自分のペースで働けるので、副業やお金に困った時のスポットで働きたい女性との相性が抜群です。

 

1回の勤務時間も自由に選べるので、疲れを感じたら早めに切り上げることや、良いお客がついた時だけ長時間働くこともできます。
自由出勤のオンラインキャバクラは完全出来高制の給与システムになっていることが多いですが、空前のブーム到来で男性客が急増しているため、勤務時間に応じて安定した収入を得られますよ!

 

リアル店舗へ呼ぶ足掛かりにもできる

キャバクラに勤める女性

オンラインキャバクラは、店舗勤務のキャバ嬢が兼業で利用する需要が高まっていくかもしれません。
オンラインキャバクラで知り合ったお客をリアル店舗へ呼ぶ足掛かりになるチャンスがありますよ。
平日の売上が少ない店舗勤務では、平日はオンラインキャバクラ、週末はリアル店舗といった働き方が増えていくでしょう。

 

キャバ嬢が売上を伸ばす方法は、店舗で知り合ったお客へのアフターメールが中心でしたが、今後はオンラインキャバクラを利用した新規客の開拓がナンバーワンの必須条件に変わるかもしれません。
個人単位で登録できるオンラインキャバクラサービスは実店舗との掛け持ちができるので、店舗での働き方に不満を感じていない方でも働いてみる価値が高いです。

 

なお、オンラインキャバクラのアプリ・サービスによっては、お店単位で加盟するものがあります。
今後はオンラインキャバクラを導入しているお店は、平日でも稼ぎやすくて時給が優遇されるなど、未導入店舗と待遇に差が出るかもしれません。
キャバ嬢として継続して働く予定があるなら、オンラインキャバクラの最新動向をチェックしておきましょう。
アプリ・サービスによる違いを知りたい方は、サービスを提供するアプリについてをご覧ください。