オンラインキャバクラの料金相場は、今後は全体の相場が下がっていくでしょう。

オンラインキャバクラ完全攻略サイトのヘッダー画像

料金面での違い

プライスと印字された紙

店舗のキャバクラは40~60分のセット料金相場が4,000~8,000円ほど。オンラインキャバクラは60分のセット料金2,000~4,000円が相場です。
人気を集めているオンラインキャバクラは60分のセット4,000円前後に設定している所が多く、安いお店と大差ありません。
オンラインキャバクラは、まだ手探りで運営している所が多く、需要が拡大して安定した稼働率を確保できるようになれば、今後は全体の相場が下がっていくでしょう。

 

低料金になる可能性

60分のセット4,000円に設定しているオンラインキャバクラは稼働率が読めないことを理由に、在籍する女の子が待機時間を含めて相応の収入を手に入れるために高めの料金設定をしています。
今後、オンラインキャバクラの市場規模が拡大すれば、全体相場の低料金化が進んでいくでしょう。

 

繁華街の好立地に店舗を構えるキャバクラ店とは違い、オンラインキャバクラの運営は家賃(テナント料)とボーイ・送りの人件費がかかりません。
また、女の子はおさわりをされるリスクが低いため、、お店のキャバクラよりも安い給料で働く需要があります。

 

人気が拡大していけば、ガールズバーの需要を吸収する可能性もありますよ。
在籍する女の子全員が安定して稼働できる環境になれば、60分のセット料金は2,000~3,000円ほどの水準まで相場が下がる可能性が高いです。

 

追加料金がかからない

オンラインキャバクラは基本的にシャンパンとフードがありません。
女の子が在宅勤務の所では女の子のドリンク代も不要の所があるので、会話の中で追加料金のかかるオプションをおねだりされることはありませんよ。(指名を除く)
自分が飲むお酒代が必要になるデメリットはありますが、総額で見れば店舗のキャバクラで遊ぶよりも安く収まります。

 

シャンパンなど高額なオプションがないので、お酒に酔って予定外にお金を使いすぎる心配がないので安心ですよ。
キャバ嬢からのドリンクやシャンパンのおねだりを断るのが苦手な方は、オンラインキャバクラに向いています。

 

これから色々な形が出てくる

料金システムはセット料金+指名料のみのシンプルな運営をしている所が中心ですが、今後は色々な形が出てくることが予想されます。
キャバクラ店が加盟するシステムのスマキャバでは、将来的にフード・シャンパンのチケットを導入する企画をしています。

 

このように安さだけではなく、お店のキャバクラと同じようなシステムと品質を売りにするオンキャバ店が出てくるでしょう。
待機する女の子の数が多くなれば、フリーは格安料金だけど対応する女の子が短時間で変わり、指名を入れないと長時間の会話を楽しめない形式が出てくる可能性があります。

 

料金システムが多様化すれば、少ない予算で楽しみたい方から品質を重視する方まで、幅広い方が満足できる環境へ変わっていくでしょう。

 

安い所にチャンスあり

ガッツポーズする男性

お店のキャバクラは料金に比例してキャバ嬢のルックスや接客の品質が高まるものです。
オンラインキャバクラも将来的には料金と品質が比例するように変わっていきますが、登場して間もない今なら安い所でもチャンスがあります。

 

現在は女の子がどこのオンラインキャバクラを使っていいのか分からず、手探りで活動している状態です。
コロナウイルスの影響で休業していて、待機時間の少ない確実性を重視する子が安いお店を勤務先に選ぶケースが多く、普段は高級店で働いているキャバ嬢の接客を低料金で利用できるチャンスがあります。

 

現時点では申込前に女の子の品質・評判を調べる方法がないですが、オンラインキャバクラ店ごとのランク分けが明確になっていない今だからチャンスが大きいです。
手軽に利用できるオンラインキャバクラで色々な女の子と話をしていけば、どこかで格安キャバクラ店ではありえないような出会いがあるかもしれませんよ!