オンラインキャバクラでキャバ嬢を口説くためのテクニックをまとめました。

オンラインキャバクラ完全攻略サイトのヘッダー画像

女の子の口説き方

女性を口説く男性

オンラインキャバクラで女の子を口説く方法をまとめました。
あくまでも相手はキャバ嬢なので、システムを上手に活用して喜ばせることが重要です。
他のお客よりも良くしてくれる上客だとアピールすることが、口説くための第一歩ですよ。

 

最終的にはお店に行く

オンキャバ嬢は、お店にも在籍していている子が多いです。
本気で口説くのであれば、最終的にお店へ行ってあげるようにしましょう。
まずは女の子から見て安心できる環境の店内で一度会うことで、その後のアフター・デートへ誘いやすくなります。

 

お店で出会った子は何度も通わないと口説けませんが、オンラインキャバクラで仲良くなっていれば、1回お店に行くだけで関係が発展するかもしれませんよ。
コロナウイルスの影響が残っているうちは、すぐに行かなくてもいいので、落ち着いたらお店に行く旨を伝えてあげましょう。
リアル店舗でのお客になると分かれば、オンキャバ嬢から特別なお客さんとして扱ってもらえますよ。

 

適度にお金を落とす

オンキャバで働く女の子は、コロナウイルスの影響でお店での仕事を失って経済的に弱っている人が多いです。
オンラインキャバクラで気に入った女の子を見つけたら、適度にお金を落としてあげましょう。
指名することは最低条件。オンラインキャバクラのサービスによっては、応援ドリンク・チップなどの名目で投げ銭機能が用意されています。

 

女の子にとってプラスアルファになるお金を落とすことで、女の子を喜ばせて経済的に余裕がある男性であることをアピールできます。
コロナウイルスによって男性も収入が減っている人が増加しているので、この時代に経済的余裕がある男性はオンキャバ嬢から見ても魅力的です。

 

適度にお金を落とせば、デートに応じてもらえるチャンスが高くなりますよ。
休業している店舗が多い今なら、同伴ではなく休日の1日デートへ発展できるチャンスが大きいです。

 

連絡先を聞く

店舗と同じようにオンラインキャバクラもLINEなどの連絡先を聞くのはNG行為ではありません。
次に繋がるように連絡先交換は積極的に行いましょう。
一部のユーザーは、ZOOMなど外部アプリを使ったやり取りになる特性から、2回目以降は女の子と直接やり取りをして、オンラインキャバクラを通さずにビデオチャットを楽しんでいる方もいます。

 

LINEPAYやPayPayの送金機能を活用して、お金を前払いで払ってあげると女の子からも警戒されませんよ。
専用のビデオ通話アプリを使ったコンテンツが少ない今だからこそ、直接のやり取りをする関係へ発展させるハードルが低いです。
距離が近くなれば、デートの誘いに応じてもらえるチャンスが高まります。

 

ただし、規約違反になるので男性客側に相応のリスクがあり、女の子も早い段階で直接のやり取りを要求されると警戒するものです。

NG行為に該当することを理解して、直接通話を提案するかは慎重に検討してください。

 

女の子が喜ぶこと

プレゼントを貰って喜ぶ女性

オンラインキャバクラに限らず、女の子を口説く基本は相手のことをしっかり褒めることです。
根拠なく「可愛いね」と褒めるのではなく、「目が綺麗」、「芸能人の○○に似ている」など、本人が自覚しているようなポジティブポイントを褒めてみましょう。
また、自分のことを褒めてもらった時は「ありがとう」と伝えるなど、女の子が気持ち良く会話できる環境を作ってあげましょう。

 

オンラインキャバクラならではの口説き方としては、女の子の愚痴や不満をしっかり聞いてあげることが効果的です。
コロナウイルスの影響で店舗勤務の仕事がなくなっている子や、外出自粛でストレスを溜め込んでいる子が多いです。
女の子の愚痴や不満をしっかり聞いてあげることで、自然に心を開いてもらえて信頼できる存在へと変化していきます。
共感することが大切ですが、自分自身がコロナに抱いている不満ばかりぶつけるのはNGです。
女の子の立場から見て、話をすることで前向きな気持ちになれるようなトークを心がけましょう。
弱っている女の子ほど口説き堕とせるチャンスが大きいですよ!