オンラインキャバクラは、ビデオ通話サービスの発展により増加傾向にあります。

オンラインキャバクラ完全攻略サイトのヘッダー画像

オンラインキャバクラが増えている理由

2020年4月頃からオンラインキャバクラが急増しました。
1番の理由は新型コロナウイルスの影響ですが、このほかにも安定してビデオ通話をできるアプリ、手軽な決済・送金ツールの普及が関係しています。

 

昨今はオンライン飲み会が流行していて、こうしたビデオ通話越しに飲む文化が浸透したことで、オンラインキャバクラに興味を持つ方が増えています。
このほかにも男女ともに安心・快適に利用できる環境が揃っていることが、オンラインキャバクラが増えている理由です。

 

コロナウイルス対策

オンラインキャバクラは新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令された2020年4月上旬以降に急増しています。
不要不急の外出を控えるように要請されたほか、休業するキャバクラ店が増加したため、宅飲みで女の子と話ししたい需要と在宅ワークで働きたいキャバ嬢の需要がマッチしました。

 

ビデオ通話の画質向上

ビデオ通話をする女性

オンラインキャバクラは、ZOOM・SkypeなどWEB会議で普及しているビデオ通話サービスを活用している所が多いです。
身近な連絡ツールのLINEでもビデオ通話機能を用意されていますが、画質はイマイチで通信環境によっては動きがカクカクしてしまうものです。

 

オンラインキャバクラで人気が高いZOOMは無料で高画質のビデオ通話が利用できると話題になっています。
もちろんネット環境によって画質と動きが悪くなることもありますが、自宅の光回線を使える方は画質・タイムラグにストレスをほとんど感じません。

 

相手の表情や容姿を綺麗に伝えられることが、女性ならではの魅力を売りにしたキャバクラがオンライン化でヒットした要因です。
将来的には5Gの普及によってオンラインキャバクラの環境はさらに整っていくでしょう。

 

オンライン飲み会の流行

新型コロナウイルスの自粛によって、オンライン飲み会が日本全体で流行しています。
ZOOMを活用したグループチャットを活用する方が多く、SNSでもオンライン飲み会の参加者を募る投稿が増えています。

 

普段から幅広い方と飲み会を行っている方は、Facebookなどを通じてオンライン飲み会の案内を受けた経験がある方も多いでしょう。

男性グループだけの飲み会は、話の流れでキャバクラに関連した話題になることが多いですよね。

 

オンライン飲み会

オンライン飲み会をしていると、「このサービスを応用すればオンラインキャバクラも楽しめるのでは?」という発想になるのは必然のことで、調べてみると多数のオンラインキャバクラの情報がヒットし、その流れで利用する方が多いです。
なお、オンラインキャバクラによっては1対1が基本でグループ通話での利用はできない。
もしくは男性の人数分の料金を求められることがあるので注意してください。

 

安心の決済ツール

オンラインキャバクラは、夜間でも即時決済の確認をできるように以下の決済ツールを導入している所が多いです。

 

  • クレジットカード
  • LINEPay
  • アズカリ
  • ストアーズ

 

このように、お店へ直接銀行振込で払うのではなく、スマホで使える手軽かつ安心の決済ツールが普及したことが、オンラインキャバクラの普及に大きく貢献しています。
特に人気が高いのはLINEPayで、女の子報酬もLINEPayで支払っているお店が多いです。
料金は前払い制で、代金の支払いを通じて口座情報などの個人情報が流出する心配がありません。

 

幅広い決済・送金ツールの普及によって、運営元の信頼性が不明な新参オンラインキャバクラ店でも安心してお金を払える環境になり、利用者から警戒される要素が軽減されています。

 

Twitter集客

オンラインキャバクラで働く女の子は、Twitterで出勤状況を告知する集客が流行しています。
Twitter集客によって、在籍しているお店に関わらず一定の集客ができ、男性客は投稿された顔写真を見ながら女の子を探せます。

 

オンラインキャバクラの店舗はどこも歴史が浅いですが、Twitterによってフラットな条件で集客・女の子捜しをできることが流行の要因でしょう。
お店・女の子捜しで迷った方は「♯オンラインキャバクラ」で検索してみてください。

 

まとめ

webコンテンツの発展

オンラインキャバクラはコロナウイルスによる営業・外出の自粛で一気に普及しました。
お店へ行きにくくなった影響のほか、WEBコンテンツの進化によって安心・快適に利用できる環境も大きく関係しています。
今後は機能のアップデート、5Gによる通信速度の改善など、まずます魅力的なコンテンツに進化していくでしょう。

 

そして、利用者が増えて人が人を呼ぶ相乗効果が生まれれば、料金の低価格化や待機時の時給を保証するお店が登場していくかもしれません。
コロナウイルスの終息時期が分からない状況の中、オンラインキャバクラはこれからも成長を続ける可能性が高いです。

 

外出自粛でストレスを抱え込んでいる男性の方や、勤務先の休業・お客の減少で収入を失っている女性は、軽い気持ちでオンラインキャバクラを試してみてください。